Arata Mochizuki Diary

「長泉の家」 足場解体

2018/10/04

静岡県東部で工事中の「長泉の家」は、足場が解体されました。
足場の解体を待ちだった外構工事の打合せを、住まい手さんと一緒に行いました。
家の中から見ての隣地との目隠しフェンスの高さや、敷地内の駐車スペースの確認です。
いよいよ工事も終盤戦、仕上工事や器具付となり、今月末に引渡へ向けて進んでおります。

「相模原の家」 写真

2018/09/28

週末に「相模原の家」が引渡となります。
秋晴れの今日、写真を何枚か撮らせて頂きました。
カメラはフジのX-pro2、レンズはXF10-24mmF4。
カメラのフイルムシュミレーションで、「ベルビア」でと撮ったら、真っ青な青空に。
あまり発色の強い写真は好きではないのですが、ここまで綺麗なブルーだと、
建物も映えますね。
RCの塀の向こう、中庭のデッキに丸い穴が開いてまして、シンボルツリーを植える予定です。

「町田の家」 撮影

2018/09/23

昨年の秋お引渡しました「町田の家」。
春先にお庭の芝も完成しまして、カメラマンさんにお願いして、
竣工写真を撮らせて頂きました。
平屋の大屋根の外観と、シンプルで温かみのあるインテリアの住宅です。
天気予報は曇りでしたが、奇跡的にも晴れ間が見え、素敵な写真を
撮って頂いたかとと思います。
夕景までお付き合い頂いた住まい手さんに感謝です。
(写真は、私が撮ったスナップです)

秋に向けて平屋の住宅の撮影が続き、次回は、平屋で中庭のあるコートハウス
「稲城の家」の撮影を予定しております。

「長泉の家」現場

2018/09/15

「長泉の家」現場は、内部の細かな造作工事になります。
壁のボードや天井も貼られ、内部の空間が見てきました。
外部は台風などの影響もあり、足場の解体が少し遅れております。
1階が親世帯、2階が子世帯の二世帯住宅になります。
写真は、2階の屋根空間を活かしたLDKになります。

現場を訪れた日も秋雨前線の影響で、シトシトと雨が降り、
富士や箱根の山々に雲がかかり、湿気感のある日本らしい
情景でした。
(雨の日にも合う建物の設計を心掛ける)

「相模原の家」 引渡しに向けて

2018/09/13

工事中の「相模原の家」 は、内部の仕上工事も終わり、器具付工事や細かな調整、
クリーニングのみとなりました。
外部は外構工事で、中庭のウッドデッキの施工を行っております。
南道路からのプライバシーを配慮しての中庭があるプランです。
工事あと少しになりました。完成が私も楽しみです。

過去ブログはこちらから

TOP