Arata Mochizuki Diary

薪ストーブ スキャン CI-10GLCB

2017/02/08

3シーズン目の冬を迎えた薪ストーブ。(スキャン CI-10GLCB)
最近、やっと上手く使えるようになった気がします。
使い始めの頃は、焚付け用の細かな薪を使わず、無理に着火剤でつけようとし
て煙を出し、さらに焦って扉を閉めてしまい、不完全燃焼で余計に室内に煙と
いう失敗もありました…
薪の準備は大変ですが、音が静かで優しい暖かさが良いです。
ガラス面も大きく、ストーブ本体にシールドが付いていて離隔距離も小さく、
薪も50センチの長さまで入り、何よりもシンプルで、インテリアとして
主張しすぎないデザインが気に入っております。
(ちなみに実家に、もう20年ぐらい使っているダッチウエストの薪ストーブが
あるのですが、性能的には少しダッチウエストの方が良いような)
 しかし、大変残念な事にこのスキャン CI-10GLCBは、デンマーク本国で生産中止
になってしまったそうで、国内在庫がなくなり次第、販売が終わりとなるそうです。
良い薪ストーブだと思っていただけに残念です。
設置には近隣への配慮も必要で、都市部では、なかなか設置できる住環境では
ありませんが、冬の暖房としてはお勧めです。

コートハウス 越谷の家 基礎工事

2017/02/03

工事が始まりました、「コートハウス 越谷の家」の配筋検査に立会いました。
地盤があまり良くない地域でしたが、既存の建物があったことにより、
地盤が落着いており、砕石転圧により地盤補強なして大丈夫でした。
建物にスリットのような中庭があるのプランですが、基礎は中庭部も
含めて全体の建物を支える設計です。
こういった場合、中庭の基礎の打継ぎからの雨水の浸入が考えられるので、
土間と立上りとの間に、打継ぎプレートを入れて施工をします。
今月下旬には、上棟予定になります。

スタットレス

2017/02/02

「お住まいは?」
「高尾です」
と答えると、高尾山の山の中に住んでいるように感じられるようで
「寒いでしょう」
言われます。
JR高尾駅から平坦な徒歩圏なので、自宅は高尾山の山中ではないのですが、朝晩は冷込みます。
事務所のある新宿より、八王子市高尾付近の最低気温は、−3、4℃でしょうか。
雪が降ることは、年に数回しかないとと思いますが、最近、仕事でも車の移動が増えて、
四駆のD5にのっているのもあり、今季はスタットレスタイヤに交換しました。
ノーマルタイヤも、YOKOHAMAなので、スタットレスも同社のアイスガード。
せっかくなので、子どもと雪遊びにも出掛けてみようと思ってます。

外構工事を少しづつ 高尾の家

2017/01/30

高尾の家(自邸)は、完成してから、2年半となりました。
町会や子ども会などを通じて、ご近所のお知り合いの方も増え、
皆さん穏やか人が多く、とても暮らしやすいです。
冬の八王子の高尾付近は冷込みますが、四季折々の自然を感じて生活をしております。
建物の完成から、少しづつ整備してきた裏庭。
薪置き場も完成したので、施工してくれた西本工務店さんに、
メッシュフェンスの設置をお願いしました。
このあたり、新築の際に予算が厳しく後回しにしてました。
新築時に行わないと、実際に行うまでに時間がかかりますね。
裏庭は、暖かくなったら芝生を増やす予定です。

柵に囲まれたドックランみたいなスペースができまして。
長女が犬を飼いたいと言い出しました…

「天窓のある家」 現場

2017/01/19

「天窓のある家」現場は、工事も中盤になりました。
外壁は、富士川ラスのラスモル通気工法。最近は、モルタルの外壁でも通気が多くなってきました。
外壁からの通気も、軒下から抜けるように納めてます。
玄関ドアは、スウェーデンドアになります。
>防火が掛からない場合、木製造作の玄関ドアにする事が多く、今回、初めてスウェドアを使いましたが、
かなりシッカリとした重厚な造りです。
住まい手さんも、現場をご一緒して頂き、外構工事などの打合せを行いました。
本体工事は、2月下旬の完成を予定しておりますが、ここにきて、担当してくれてた大工さんが、
インフルエンザにかかってしまったらしく、少々、内部造作が遅れております。
インフルエンザ、流行っているみたいですね、気をつけましょう。

25 / 26« 先頭...10...2223242526

過去ブログはこちらから

TOP