Arata Mochizuki Diary

「天窓のある家」引渡しに向けて

2017/03/17

「天窓のある家」は、引渡しに向けての最終段階、クリーニングも終わり細かな調整のみとなりました。
良い雰囲気に仕上がったと思います。
まとめて、ブログの更新でした。

「コートハウス 越谷の家」 現場

2017/03/17

「コートハウス 越谷の家」の現場は、鉄骨階段が設置されました。
この鉄骨下地にタモの板をのせるデザインです。
外周りの大工工事もあと少しとなり、内部造作へと作業が移っていきます。
今のところ大工さんが4人で入り、順調に進んでおります。

「平屋の家 町田」 地盤調査

2017/03/17

「平屋の家 町田」 にて、地盤調査の立会いを致しました。
調査方法は、表面波探査法になります。
ローム層の良い地盤が確認でき通常の基礎で問題ありませんでした。
---------------
あと、展示会参加のお知らせになります。
仙台、「夢メッセみやぎ 大ホール」にて開催されるASJ建築家展に
お声掛けを頂き参加を致します。
私で、何かお役に立つことがあればと思います。
●3/18 (土)  10:00~18:00  入場無料
●3/19 (日)  10:00~18:00  入場無料

「天窓のある家」 現場

2017/03/06

確認の完了検査も終わり「天窓のある家」は、残すところ外構工事と器具付
などなりました。
今回、床のフローリングや造付家具は、濃い色合いのウォールナット仕上で、
少し引き締まった雰囲気で、これもまた良い感じです。
完成まであと少しです。

「コートハウス 越谷の家」上棟

2017/03/01

週末に「コートハウス 越谷の家」が、上棟いたしました。
2階がリビングになりまして、天井は構造LVLの垂木表し仕上になります。
ただ、スパンがなかり飛んでいて、中間に鉄骨の梁を入れて、垂木のサイズ
を小さくし、垂木と鉄骨や梁の接合部には、ホームコネクターを使用して金物が
見えないようにしております。
今回、鉄骨と木の梁接合部の取合や複雑なプランのため、木造2階ですが、
構造アソシエイツさんに構造設計と構造計算をお願いしました。
なんと構造アソシエイツさんは、ウチと同じ建物のニューステイトメナーで、
行き来は30秒ぐらい。
若くて優秀なパートナーが近くにいて有難いです。
これから、本格的に越谷への現場通いが始まります。

過去ブログはこちらから

TOP